スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキング♪
↑よかったら押してくれるとうれしいな!

【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
「わたしの青空」■オモチャの中に、青空がある。
チャコのまんがレポート

■オモチャの中に、青空がある。

三丁目の夕日選集 春編 (1) (ビッグコミックススペシャル)三丁目の夕日選集 春編 (1) (ビッグコミックススペシャル)
(1995/02)
西岸 良平

商品詳細を見る


<あらすじ>
 ブリキのオモチャが流行っていた昭和30年代の
 オモチャに携わる男達の生き様を描いた作品。
 将来を担う世界中の子ども達に夢のあるオモチャを
 与えよう…「三丁目の夕日」の中でもじんとする話。

週刊◎まんがCAPTURE




人気ブログランキング♪
↑よかったら押してくれるとうれしいな!

今回ご紹介するのは映画で大ヒットした「三丁目の夕日」の
選集コミックスの中の一遍。
昭和30年代にに流行ったブリキのオモチャ、そのオモチャ会社の
人たちの物語…

ヨドバシオモチャに勤める青島はライバル会社の土井玩具に
負けないよう、闘士を燃やしていた。
社長の土井から秘密情報を聞き出そうと青島が訪れた
社長宅はとても慎ましく、
「わしはね、オモチャをつくりながらいつも青空を
 思い出しているんだよ」

あの終戦の日、焼け跡に立って見上げた青空を。

オモチャは平和産業だという土井社長を尻目に、ドンドン
戦艦やB29など兵器のオモチャを出して儲けまくるヨドバシオモチャ
だったが、事故のクレームのため売れなくなってしまった。
ふと目にした土井玩具を見て彼は気づく。
「このオモチャはちゃんと端が丸くなってるな」

この後、土井社長が病に倒れ、青島の心に変化が起こる…

あたしこの話が大好きで何度も読み返してるんだけど、
どうしてもラストシーンでジーンとしてしまうの。
いくら時が流れても、根底に流れる子ども達への気持ちは
変わらないんだろうな!

それではまた次回をお楽しみに!

★メルマガへのリクエスト・ご感想等募集中です~。
 http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P93091438
スポンサーサイト
【2009/03/02 10:07 】 | 日常 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<アニメ化コミック―「毎日かあさん」 | ホーム | アニメから輸入コミック―「ただいま参上!!ヤッターマン」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。