スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキング♪
↑よかったら押してくれるとうれしいな!

【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
「漫画生物学」■娯楽まんが?学習まんが?いえ、手塚まんがです。
マナのまんがレポート

■娯楽まんが?学習まんが?いえ、手塚まんがです。

漫画生物学 漫画天文学 (手塚治虫漫画全集 (279))漫画生物学 漫画天文学 (手塚治虫漫画全集 (279))
(1984/01)
手塚 治虫

商品詳細を見る


<あらすじ>
 中学の教授であり、科学アカデミー会員でもある
 ナンデモカンデモ博士が生物学をまんがで語りまくります。
 生物の神秘を娯楽・学習まんがとして描いた傑作!
 さぁ、今日もナンデモカンデモ博士の授業が始まる!

まんがレポートの更新は、メルマガ発行の次の週に行いまーす。
毎週月曜日予定です。最新情報はメルマガにて!

週刊◎まんがCAPTURE

人気ブログランキング♪
↑よかったら押してくれるとうれしいな!


かの手塚先生が学研の中学コースに連載していた教育まんがです。
「漫画大学」のシリーズ(?)もののようで、
おなじみ・ナンデモカンデモ博士が生物学についてまったり
講義していきます。

ビッグ・バン後、生物はどうやってできたの?
生物の進化と各時代の王者は?
生物の本能とは?
人体の器官の働きを教えて!

毎回ミニエピソードを交えて悠久の時を横断する博士と生徒達。
大規模な地殻変動の中、死を目前にして三葉虫が語った言葉が
すごく印象的でした。

「あなたたち人間も いまは栄えているが
 いつの日かに… きっと大地変にあって滅びてしまうのだ」


学習の中にチラリと見える本気のメッセージが心に突き刺さる。

大きな地球の時代の流れを俯瞰(ふかん)したような生物学
まんがはまさに手塚先生ならではね。
同時収録の「漫画天文学」も星や銀河系、宇宙について
楽しく学べるのでおすすめです!いや、ホントに。

それではまた次回をお楽しみに!
スポンサーサイト
【2009/01/26 11:32 】 | 手塚治虫 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<「ただでもうける大もうけなのだ」■金の亡者は金に屠(ほふ)られる? | ホーム | ドラマ化コミック―「神の雫」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。