スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキング♪
↑よかったら押してくれるとうれしいな!

【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
「ミノタウロスの皿」■常識が壊れる瞬間、終わらない思考が始まる
マナのまんがレポート仮

■常識が壊れる瞬間、終わらない思考が始まる

ミノタウロスの皿 (小学館文庫―藤子・F・不二雄〈異色短編集〉)ミノタウロスの皿 (小学館文庫―藤子・F・不二雄〈異色短編集〉)
(1995/07)
藤子・F・不二雄

商品詳細を見る

<あらすじ>
宇宙航行中のトラブルで、一人の男がある惑星に不時着した。
その星・イノックス星は地球によく似た文明をもっており、
彼はそこで出会った美しい少女、ミノアに恋をする。
しかし滞在する内に男はその惑星の奇妙な風習を目の当たりにすることとなる。

その惑星では、地球で言う牛によく似た「ズン類」という種族が支配者であり、
地球の人間に似た「ウス」という家畜と共生関係にあった。
実はミノアは優秀な肉用種の「ウス」であり、数日後に行われる
ミノタウロスの大祭、祝宴の大皿で食べられることが決まっていたのだ。
 
「ミノアが食べられてしまう!」
男は走る!残虐な風習をやめさせるために。
ミノアの命を救うために…
    (藤子・F・不二雄 SF短編PERFECT版 第1巻より)



人気ブログランキング♪
↑よかったら押してくれるとうれしいな!

今回紹介するのは藤子・F・不二雄 SF短編「ミノタウロスの皿」。
ここでいうSFは「SF(少し不思議)」の方のSFだから間違えないように!
「ドラえもん」などの子供向けとは違って、社会風刺やブラックユーモアが
バッチリ効いてる、藤子・F・不二雄短編集の中でも有名なストーリー。

この短編では、主人公が降り立った星は地球とあべこべに人類そっくりの
種族が被食者になっていて…という「常識と非常識の入れ替え」がテーマ。
価値観が違えば、私たちの常識は非常識になり、非常識は常識になる。
当たり前のことなんだけど、個人個人の感情が邪魔してなかなか認めにくいものよね。

「食物連鎖の一環にすぎんのですよ。
 ウスは草を食い、ズン類はウスを食い、死ねば土にかえって草を育てる。
 うらみっこなしでしょうが」

あるズン類のこの発言に対して、主人公の男の反論は「そんなの残酷だ」。
「彼等には相手の立場で物を考える能力がまったく欠けている」。
でも、裏を返せばその言葉は全て主人公に跳ね返ってくるという恐ろしさ…
なんだか現代でも食文化の価値観の違いから起こる同じような話をよく聞くわね。

主人公がいくら残酷な文化だと騒ごうと、食べられる本人のミノアは、
食べられることに誇りを感じている。そのギャップはある意味とても怖い。
「あたしたちの死は、そんなむだなもんじゃないわ。
 大勢の人の舌を楽しませるのよ。」
主人公とミノアの価値観の違いによるちぐはぐなやりとりは平行線で、
結局ミノアは男の目の前で皿に乗せられ、笑顔で祝宴会場に運ばれていく…
その結末は悲劇なのか?それともハッピーエンドなのか?
それは私たちが考え続けていくしかない、藤子先生の問いなのかもしれない。

帰りのロケットで主人公が泣きながらステーキを頬張るラストシーン…
ズン類に対してあんなに「残酷」だと糾弾した主人公も、結局自分の腹を満たすために
生き物を食べずにはいられない。彼は一生このことを考え続けるでしょうね。
この36ページの短編には人間の心の深奥を覗き見るような怖さがあるわね。

同じように深く考えさせられる短編に「カンビュセスの籤」っていう話があるけど、
それはまた後日。

追記:レポート追加しました!こちらもどうぞ~

>>>>まんがレポート「カンビュセスの籤」(まんがシュシュ)

人気ブログランキング♪
↑よかったら押してくれるとうれしいな!


関連リンク
ミノタウロスの皿 (小学館文庫―藤子・F・不二雄〈異色短編集〉)ミノタウロスの皿 (小学館文庫―藤子・F・不二雄〈異色短編集〉)
(1995/07)
藤子・F・不二雄

商品詳細を見る
ミノタウロスの皿 藤子F不二雄SF短編シアター[ビデオ]ミノタウロスの皿 藤子F不二雄SF短編シアター[ビデオ]
(1997/09)
不明

商品詳細を見る


スポンサーサイト
【2008/07/12 17:14 】 | 藤子不二雄 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<「花男」■ビリビリしたァ!!凸凹親子の野球おとぎ話 | ホーム | 「GREEN~農家のヨメになりたい~」■農村で花開く、愛と笑いの日々!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。