スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキング♪
↑よかったら押してくれるとうれしいな!

【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
「8月に生まれる子供」■老いていく少女の心に生まれるものは
マナのまんがレポート

■老いていく少女の心に生まれるものは

大島弓子セレクション  セブンストーリーズ大島弓子セレクション セブンストーリーズ
(2008/08/30)
大島 弓子

商品詳細を見る


<あらすじ>
大学の夏休み。種山びわ子は待ちに待った長期休暇に
ワクワクと想いをはせていた。
しかし突然彼女に訪れる「老い」という病。
急激に老いていく体と心の変化に戸惑うびわ子。
そんな彼女の一夏を描いた作品。



人気ブログランキング♪
↑よかったら押してくれるとうれしいな!

少女まんが界の大御所、大島弓子先生の短編集より、今回は「8月に生まれる子供」をご紹介しますね。映画「グーグーだって猫である」にも登場したお話よ。

まだまだ遊ぶのが楽しい大学生で、ボーイフレンドの持草くんもいて、充実した夏休みの予感に心震わせている少女・びわ子。
なのに突然の奇病発症により老化が始まり、普通の少女の生活が送れなくなってしまうの。

耳、目、手足も衰え、自分の母親よりも老けた老婆の姿。
いつかよくなって、元の姿に戻れるに違いない、というびわ子の期待は残酷なまでに裏切られる…次第に弱ってゆくびわ子とは対照的に、嫁いで行った姉にはこの8月、子供が生まれるらしい…。

そんなに悲惨な救いの無い状況が描かれているのに、決してお涙頂戴にならず淡々と少女の心境や状況が語られるのは最近の少女まんがではあまり見られないかも。

「ウマレル」。新しい生き物が生まれる。
生まれるのは姉の子供か、それともボケて自分すらわからなくなった新しいびわ子なのか。タイトル「8月に生まれる子供」の意味を考えると深いわね。

大島先生の描くまんがに描かれる「少女の繊細な精神世界」が壊されるときの描写は鳥肌が立ちそうなほどすごい。
どことなく「死」や「喪失」の陰を感じさせる作風がいつまでも心に残る…ああ、わたしも大島弓子選集買おうかしら。

「綿の国星」「バナナブレッドのプディング」もオススメよ。

人気ブログランキング♪
↑よかったら押してくれるとうれしいな!
スポンサーサイト
【2008/09/22 13:11 】 | シリアス | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ドラマ化・アニメ化!話題のまんがたち―「おろち」 | ホーム | ユウの「読書の秋」チョイス・ベスト5>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。