スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキング♪
↑よかったら押してくれるとうれしいな!

【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
短編「るんは風の中」■愛しいあの子はポスターの中…
ユウのまんがレポート仮

■愛しいあの子はポスターの中…

手塚治虫名作集 (2) (集英社文庫)手塚治虫名作集 (2) (集英社文庫)
(1995/03)
手塚 治虫

商品詳細を見る


<あらすじ>
学校にも家にも自分の居場所がない少年、アキラ。
そんな彼の生活は「るん」との出会いにより一変する。アキラは「るん」と交際し、楽しい日々を送り始めた。
しかしただ一つ違っていたのは、彼女は生身の人間ではなく、「ポスター」に写った少女だったのだ。
(手塚治虫名作集「雨ふり小僧」に収録)



人気ブログランキング♪
↑よかったら押してくれるとうれしいな!

今週も手塚先生の短編から「るんは風の中」をご紹介!
ホラ、今年は手塚治虫生誕80周年だから…もうしばらくお付き合いくださいね。

タイトルの「るん」とは、主人公・アキラの恋する少女の名前。
高架下に貼られた広告のポスターの少女に一目ぼれしたアキラは、彼女を剥がして自分の部屋へと持ち帰る…

ポスターといっても、「るん」は普通の女の子みたいに会話もできるし、表情もころころ変わるの。
友達のいないアキラにとって「るん」との語らいのひと時は大切な時間だったと思うわ。壁に貼られたポスターということを除けば、公園でデートしたり一緒にボートに乗ったり、まるで普通の恋人同士みたい!

「るん」は写真が写されたその瞬間から時が止まったまま。移りゆく時間に戸惑う主人公の心とは対照的で、ストーリー中盤からは主人公の苦悩が描かれていくの。
集団に溶け込めないアキラの生活に共感を覚える方も多いかもしれないわね。

このまんがで言いたかったテーマは「時間の流れ」を受け入れるっていうことなのかな、ってわたしは思ったんだけど。
作品のラストシーンではちょっとせつなくなっちゃった。
アキラはついに現実と向き合うことになり、同時に「るん」との別れがやってくる。
思い出はずっと風の中…
こんな恋物語も素敵ね。

今居場所がない、と感じている人にオススメしたいまんがです。
表題作の「雨ふり小僧」もいい話なので機会があればぜひ!

人気ブログランキング♪
↑よかったら押してくれるとうれしいな!

手塚治虫名作集 (2) (集英社文庫)手塚治虫名作集 (2) (集英社文庫)
(1995/03)
手塚 治虫

商品詳細を見る
スポンサーサイト
【2008/07/21 12:57 】 | 手塚治虫 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<BJ「三者三様」■それぞれの人生が交差するとき、何かが変わる。 | ホーム | ドラマ化・アニメ化!話題のまんがたち>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。